読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪獣たちの眠るところ

先日は本当に素晴らしい場所に連れてってもらった。

とあるドラマのセットで映画に使われたセットを一部を使わせてもらったのだが、そのセットを作り保管しているのがあの東宝映画。
東宝映画と言えばゴジラ
特撮の父円谷英二が作り出した、怪獣パニック映画の原点と言ってもいいゴジラ。もうすぐ公開のシン・ゴジラも話題になってるが、未だに根強いファンが多くいる。

僕もその一人である。初めて映画館で見たのは2歳の時だ。
リアルタイムで観てきた平成ゴジラは【ゴジラモスラ】〜【ゴジラ対デストロイヤー】である。

最後のデストロイヤーは本当に名作。
ゴジラの体内の核物質がメルトダウン、このままでは核爆発を起こして日本全滅!そんな時に最強の敵デストロイヤーが登場!ゴジラの息子も参戦!どうなるゴジラ!?どうなる日本!?という今後テレビでは放送できないような最強ホラー映画で第1期平成ゴジラは幕を閉じた。と同時に僕もゴジラを卒業したのである。

あれから20年、仕事の関係で東宝さんとお仕事をして、最後は使わせてもらったセットを埼玉のとある倉庫に返却しに行ってきたのだ。
ど田舎にあるポツンとした普通の倉庫。セキュリティもなければガードマンもいない、そんなところに行ってきた。

さあどうぞ、と中を開けてくれた方は東宝映画美術の方。
シャッターを上げてもらうと、埃が舞い、昔ながらの映画でつかうでかいクレーンや送風機が見える。さすが映画、規模がでかい。

そして機材の奥にはあの鋭い目がこちらを見ている。
だだだん、だだだん、とあのテーマソングがじわりじわりと流れてきた。それは一体だけではない。肩幅の広いのもあれば、顔が大きいものもある。そうそこはゴジラの着ぐるみが保管されている倉庫でもあったのだ。
しかもゴジラだけではない。
左にはクモンガが…!階段下にはミニラが…!空にはラドンが…!奥にはメカゴジラが数体…!
平成初期の日本を暴れまくった怪獣たちはここに眠っていたのだ、、、!

東宝さん、ありがとうございました。
この仕事をはじめて、いままでお目にかかったどんな芸能人や有名人よりも感動した。

こういう感動を味わえるのなら、この仕事ももう少し続けてみようかなと思いました。

おしまい。

【STAR WARS】ロボト

2回目もスターウォーズから。
クラウドシティの主任補佐官【ロボト】

設定的にはランド・カルリジアン(黒人)の相棒らしい。
アンドロイドなんかの類かと思ったら、普通の人間が負傷して改造されています。しかも自我は持っていないとか。

f:id:Enpeiblog:20160519091916j:image
耳にヘッドホンをしてるのが特徴。

最近始まった新しい設定で「鉄の封鎖」という、エンドアの戦い直後に帝国軍がとった銀河封鎖作戦があるのだけども、その時にロボトはランド不在のクラウドシティで先頭に立ち帝国と戦ったとか。

ロボトは映画でも地味に活躍していて、主人公たちのピンチを救っているんです。


このロボトのコスプレでDJできたらかっけー、、、と密かに思ってます。

おわり。

【STAR WARS】プルーンフェイス

このブログは、主にスターウォーズウルトラマン仮面ライダーゴジラといった、僕が幼少期に培った特撮やヒーロー、怪獣といったものに焦点を当てて紹介しようと思います。

第一回目は、「スターウォーズジェダイの復讐(今では帰還と言いますが、僕は復讐派。)」に出てきた反乱軍兵士、【プルーンフェイス】です。
f:id:Enpeiblog:20160517193035j:image

まあこの見た目、ダサさに加えて眼帯ですからね。渋い。
そもそも見たことない人がほとんどだと思います。

f:id:Enpeiblog:20160517193257j:image
お尻のような形をした頭部、横から見るとETみたいな頭をしているから、もしかしたら種族が近いのかもしれません。
ウルトラセブンに出てくる自称宇宙帝王バド星人に近いデザインを感じます。

こちらバド星人
f:id:Enpeiblog:20160517193503j:image


そもそもこのプルーンフェイス、本当の種族名はドレッセリアンと言います。しかし、特徴的な頭部に皺が多いことから、プルーンフェイスのアダ名がつけられたそうです。その結果、アクションフィギュアにはPrune Faceと書かれる始末。新しいシリーズのフィギュアにはオリマーコ、と彼の名前が記されていますが、括弧でプルーンフェイスときちんと表記されています。

そもそもこいつの名前を知ったのは割と最近で、名前とそのキャラの扱いが気に入りました。きっかけは大人向けカートゥーンを量産するアダルトスイムがパロディでやっているロボットチキンという番組です。
イカしたプルーンフェイスが敵をなぎ倒す姿は最高ですし、モン・モスマからあんた誰?と言われたりして、本当に愛らしいキャラだなと思います。動画を見終わった後にはアクションフィギュアが欲しくなること間違いなし。

とまあ特に紹介するような内容もなく、顔と名前でゴリ押しできるキャクター【プルーンフェイス】でした。


f:id:Enpeiblog:20160517195109j:image
f:id:Enpeiblog:20160517195132j:image